ニキビ治療薬ダラシンについて

ダラシンはSATO(佐藤製薬株式会社)から販売されているニキビ治療薬です。「ざ瘡治療用外用抗生物質製剤」という名称が付けられています。
ダラシンには‘ゲル’タイプと‘ローション’タイプのふたつがありますが、製剤のタイプで効果に大きな違いはありません。
ローションタイプは乾燥してしまうので、一般的に処方されるのはゲルタイプの塗り薬が多いようです。皮膚科で処方されるニキビの治療薬としては以前から人気がある薬です。

ダラシンの成分ダラシン
ダラシンの主成分はクリンダマイシンというリンコマイシン系の抗生物質で、この抗生物質が細菌にあるタンパク質の合成を阻害することで抗菌力を発揮します。
ニキビの原因の一つ‘アクネ菌’や‘黄色ブドウ球菌’を殺菌する効果があり、ニキビを悪化させるアクネ菌やブドウ球菌を殺菌・除去することで、赤みや腫れを改善し炎症性皮疹(赤ニキビ)を減少させます。
さらには化膿を伴うようなニキビ跡を治すことができるとされています。

ダラシンの使用方法
通常、成人はクリンダマイシン塩酸塩として1回150mg(力価)を6時間毎に経口服用、重症感染症には1回300mg(力価)を8時間毎に経口服用する。急性ないし亜急性細菌性心内膜炎には1回300mg(力価)を6時間毎に経口服用する。
小児は体重1kgにつき、1日量15mg(力価)を3~4回に分けて経口服用、重症感染症には体重1kgにつき1日量20mg(力価)を3~4回に分けて経口服用する。ただし、年齢、体重、症状等に応じて適宜増減する。
水又は牛乳で服用させ、特に就寝直前の服用等には注意すること。(食道に停留し、崩壊すると、まれに食道潰瘍を起こすことがある。)

ダラシンの副作用
ダラシンは抗生物質なので、即効性が高い反面、副作用も他の薬よりでやすいです。
臨床試験において308例中、25例(8.1%)に副作用が認められました。
副作用としては肌の刺激感、かゆみ発疹、発赤、かぶれなどがあります。もし発見する場合は使用を中止してお医者さんへ相談されることをオススメしたいです。
また稀に抗生物質が合わないと発熱、腹痛、下痢などの起こることもあり、これらがあらわれたらすぐに使用は中止してください。
また、皮膚科を受診したときは、アレルギーがある人はその旨を必ず医師に伝えてください。アレルギーの内容によっては使えないこともあります。

ニキビ薬通販|大人ニキビ|吹き出物治療|スキンケア

トレティヴァ(アキュテイン)は世界で有名なニキビ治療、予防薬として流行っている、アキュテインのジェネリック薬になります。トレティヴァ(アキュテイン)は先開発商品と同じ成分を使って、顔のニキビ、厄介な背中ニキビ、またなかなか消えないニキビ跡に強い効果があります。

アジダームクリームはマイクロラボ社が開発・販売しているニキビを治療できるお薬です。アジダームクリームの有効成分はアゼライク酸20%です。

クリンシトップ1%(ダラシン・ジェネリック)とは細菌を殺菌するお薬です。主にニキビ、大人にきび、背中ニキビなど、細菌のたんぱく質合成を阻止し、アクネ桿菌を殺菌する作用があります。