大人ニキビの種類

皮脂や不要な角質、肌についたホコリやメイクの汚れなどで毛穴がつまり、そこに、増殖した「アクネ桿菌(かんきん)」が作用して炎症を起こした状態がニキビです。ニキビは、その原因や炎症の状態によって、いくつかの種類に分けられます。

初期段階の白ニキビのケアを怠って黒ニキビへと悪化し、さらに赤ニキビ、黄色ニキビ、ニキビ跡になっていくと治りにくくなります。

・白にきび

皮脂が毛穴につまった状態。ポツンとした小さな白い点に見えますが、見逃してしまう場合も。皮膚の内側では、毛包(もうほう)が広がるとともに、アクネ菌が増え始めます。

・黒にきび

一見、ほくろのように見えるのが黒ニキビです。鼻の上や鼻の周りなど、皮脂の分泌が多い所に出来やすいと言われています。黒ニキビのできる原因は、古い角質が溜まり、毛穴が皮脂で詰まることからはじまります。炎症が起きると、ニキビ跡に残りやすくなるので早めにケアをしましょう。

・赤にきび

赤にきびは毛穴がふさがることでアクネ菌が活性化し、増殖する事で毛穴に炎症が起こり、赤く腫れ上がった状態です。ニキビを気にするがゆえに、ばい菌がついた状態の手で、ベタベタ触り悪化する人がおおいので、絶対に触らないようにしましょう。

・黄色にきび

赤にきびが毛穴周囲の組織から真皮に至るまで炎症を続け、それが悪化して化膿し、真皮内に膿が溜まって大きく腫れた状態です。白にきび、黒にきびまでは生活習慣の改善や洗顔などでケアすることができますが、赤にきび、黄にきびになると自己流では跡が残るなどの心配も考えられますので、皮膚科での適切な処置を行いましょう。

・ニキビ跡

ニキビが、繰り返し同じ場所に炎症や傷がつくと次第にダメージが深くなり、皮膚深部の組織を壊すため、ニキビが治っても跡が残ってしまうのです。