ニキビの原因と予防方法につにて

思春期の時期は体の成長する為に分泌される成長ホルモンの原因により、皮脂の分泌が活発になることが原因となりますが、大人ニキビの原因としては、圧力や睡眠不足、亜健康な生活による男性ホルモンの増加があげられます。圧力によって、交感神経と副交感神経の平衡が崩れ、男性ホルモンの分泌が高まることで、皮脂の分泌が盛んになり、ニキビができやすい状態になります。本文は予防のためにニキビの原因と予防方法につにて紹介します。

 

また、睡眠不足・不運動や混乱な飲食習慣などによって体内平衡が崩れ、それが肌の平衡の崩れにもつながります。睡眠不足になると、体の血流が滞ることから十分な栄養が肌に行き渡らず、肌の免疫力が下がり、ニキビができやすくなってしまいます。また、生活が不規則になるとターンオーバーが乱れ、それによって角化も進んでしまいます。

 

毛穴を詰まらせないためのスキンケア

ニキビを防ぐには過剰な皮脂を取り、かつ毛穴を詰まらせないことが必要です。次に具体的なスキンケアをご紹介します。

 

オイルクレンジングには要注意

メイクをしている場合には、1日の終わりにクレンジングでしっかりと汚れを落とすことがとても大切です。ただこのとき、メイクをよく落としたいからとオイルクレンジングを使う人が多いのですが、もし毛穴のつまりやニキビが気になるときには使用を控えた方が無難です。

 

というのも、すでに過剰に皮脂が分泌されているところに油分を付けることで、ニキビができやすく、またすでにできているニキビの状態を悪化させてしまいます。ジェルクレンジングなど、オイルの少ないクレンジングを使うようにしましょう。

 

洗顔のしすぎにも注意

ニキビができる前には皮脂の分泌が盛んになっているので、肌で脂っぽく感じるところは、重点的に洗う必要があります。しかし、1日に何度も洗顔したり、強い洗浄力のある洗顔料で洗顔することは、肌に必要なうるおい成分を必要以上に取り去ってしまうこともあるので注意しましょう。肌が乾燥してしまうと、角質の柔軟性が失われ硬くなり、その結果、余計に毛穴を詰まらせてしまうことになります。